プロフィール

こんにちは、希崎ライアンです。
数あるブログの中から私のブログにお立ち寄り頂き、本当にありがとうございます。

私のブログでは・・・

3年間同棲した大好きな彼女に振られ、もう生きる価値がないと思い自殺寸前だった26歳会社員の私が、リアルに経験した“たった90日”で大好きな彼女と復縁するための手順を、赤裸々に公開していきます。

基本情報

<生年月日>

[性別]:男
[誕生日]:1989年11月
[出身]:栃木県
[職業]:会社員(技術職)

<プライベート>

[趣味]:オンラインゲーム、筋トレ
[長所]:彼女を世界で一番愛していること
[自慢できること]:腹筋が6つに割れてる
[ハマっているものは?]:フラフープ

[まず家に帰ってすることは?]:水を飲む
[平均睡眠時間は?]:6時間
[口癖は?]:いいよ!
[座右の銘は?]:千里の道も一歩から

<趣向>

[好きな食べ物は?]:甘いもの
[嫌いな食べ物は?]:セロリ
[好きなスポーツは?]:ゴルフ、テニス
[好きなマンガは?]:NARUTO

[好きな雑誌は?]:Safari、Motor Magazine
[好きな映画は?]:96時間
[好きな車は?]:LEXUS RC F
[好きな色は?]:赤

<その他>

[一つだけ願いが叶うとしたら?]:
彼女と一生一緒にいたい
[何をしている時が幸せ?]:
彼女と一緒に何気ない日常を過ごしているとき

[デートでよく行くところは?]:水族館
[今使っているスマホの機種は?]:Xperia
[生まれ変わったら?]:猫になりたい

私の過去

『なぜそんなことを公開するのか?』
と思われた方、5分でいいので私の過去を聞いてください。

私には、21歳の大学3年の春ごろから3年間付き合っていた大好きな彼女がいました。
出会いは居酒屋のバイトでした。

当時私が、キッチンでバイトをしていて、ホールスタッフとして新しく入って来たのが2つ下の彼女でした。

私には勿体ないというか、完全に不釣り合いなくらい美人で可愛くてスタイル抜群でした。

よく世間で結婚されている方が
『出会った瞬間に運命を感じた』
と聞くことがあると思いますがまさに私がそれでした。

新人として入ってきた彼女に
『今日から入りました◯◯です』
とあいさつをされた瞬間、
『ビビ』
っと電気が走ったんです!

うそだと思うでしょうが、本当です!
一瞬で『この人と結婚する』と感じたんです。

今思えば、
『一目惚れってやつだったのかな』
と思います(笑)

ただ、私は当時20歳で20年間彼女がいない非モテ男でした。
もちろん童貞で、女性にアタックなんてしたことありません。

たまたま、その当時彼女に彼氏がいないという情報をバイト仲間から得て、必死に【女性へのアプローチ方法】をネットで調べたり、友達に協力してもらいコツコツと距離を縮めて行きました。

先に言いますが、 付き合うまでに1年近くかかっています。

初めての2人っきりのデートでは、茨城の水族館に行き、ご飯を食べて彼女を家に送って帰る。

たったそれだけですが、人生で一番幸せな時間だと感じました。

それから、定番のディズニーランドを含め、
色んなところにデートに行き・・・
初めてのデートから約1年後・・・
彼女の家でデートから帰って

テレビを観ていた時に
『オレと付き合おう!』
と我慢が出来なくなり、なんか言っちゃいました!

人生で一番緊張して死ぬかと思いましたよ(笑)

彼女は、
『え!』という顔をしていましたが、
『よろしくお願いします』
と、すぐに言われました。

幸せすぎて、また死ぬかと思いました(笑)

『一緒にいるだけで幸せ』
って感じることができる相手って中々いない!

と、この3年後に彼女に振られた私が別れた後に感じた事です・・・

それからすぐに同棲をして、そりゃー毎日が幸せで大学卒業して会社員として働いていましたが、早く帰って会いたくて会いたくてしょうがなかったです。

同棲して毎日会えるのにですよ。

親や友人、会社の同僚や先輩にも
『どんだけ彼女好きなのー?』
『気持わるー』
『ほんとかよー』
とか言われても

私は、
『彼女が世界で一番好きです!』
『彼女を世界で一番愛してます!』
『彼女と絶対に結婚します!』
って3年間言っていました。

突然の別れ

だが、しかし・・・
それは突然やってきました・・・

同棲生活も順風満帆に過ごしてきたつもりでしたが・・・
彼女が同棲していた家から引っ越す前日・・・ 同棲してちょうど3年が経った頃です。

彼女の就職が東京に決まっていて(私は栃木県)、遠距離になるのはわかっていたのですが、
『◯◯、別れよう』
と言われました。

頭が真っ白になりました。
まず、
『なんで!?』
『昨日までキスだってしてたのに!』
『喧嘩だってほとんどしてないし!』
『遠距離になるから?』

数えきれない『??』が、頭を駆け巡りました。

その後、気が動転していて正直あまり覚えていないのですが、あとから彼女に聞いたら、

子供のように泣きながら
『なんで?』
を繰り返していたようです。

今、これを書きながら思い出して、私は泣いています・・
それくらい辛かったのです。
次の日に、彼女は新幹線で旅立ちました。

当然、次の日の仕事に力が入るはずもなくそもそも前の日に一晩中泣いていて寝ていなかったので、別人のように目が腫れて会社の人に心配されたのを覚えています。

車の中で泣きながら家に帰ると、キレイに彼女の服、くつ、道具、全てのものが無くなっていました。

あんなに前日に泣いたのにまた一晩中泣いていました。

途中、呼吸困難になって死ぬかと思うくらい泣いていました。
とりあえず、1か月はまともに寝ることが出来ませんでした。

沢尻エリカ主演のドラマ
『1リットルの涙』
ってありましたよね。

『涙が1リットルも出るわけないだろ』
と、当時思っていましたが、

この時は、1リットルの涙どころか
『100リットルくらい出るわ』
と思うくらい泣いていました。

それから、毎日毎日、電話やLINEを彼女に送るが、シカトされ・・・
当然、電話は着信拒否、LINEはブロックされ・・・

連絡がとうとう出来なくなりました。

3年間毎日過ごしていた、大好きな彼女と連絡がつかなくなったことによる辛さは、想像を絶するもので、

食事が喉を通らなくなり、
1か月で体重が15㎏以上減る。

寝不足により、仕事でミスの連続。
居眠り運転で事故る。

彼女がいない寂しさを埋めるために
キャバクラ、デリヘルを使う。

なんで生きているんだ、と毎日思う。

人としてクソみたいな生活を送っていました。
そんな荒んだ生活をしていたある時、ふと電話が鳴りました。

母からでした。
『ライアン、元気にしてる?』
『体は大丈夫?』

との言葉に、私は涙が止まりませんでした。
『彼女と別れた事』
『食事が喉を通らず1か月で15kg以上痩せた事』
『死にたい』
全てを母に話しました。

母は
『本当に彼女が好きなんだね』
『そんな人、他にいないと思うよ』
と言ってくれました。

その時、私は、
『すごく大事な人を無くした』
と改めて感じたのです。

復縁で大切な3つの事

また、この時に母から3つの重要なアドバイスを貰いました。
(この3つのアドバイスが復縁へ繋がる事とは、この時知るよしもありませんでした)

母からの1つ目のアドバイスを忠実に実行してみました。
すると、徐々に彼女がいない寂しさが少なくなっていき、仕事が普段通りでき、ご飯も喉を通るようになり、死にたいとも思わなくなっていました。

2つ目のアドバイスを実行すると、なんと着信拒否とLINEブロックが解除され連絡が取れるようになったのです!

3つ目のアドバイスを実行すると、彼女の方から連絡が来るようになったのです!
この3つのアドバイスは、お金を渡すとか高価なものをプレゼントするとか見た目をカッコよくするとかそういったものではありません。

このブログを読んで下さるあなたにも出来る簡単な事です。

これをきっかけに、私と彼女との距離は、徐々に縮まっていきました。
今は、復縁してちょうど4年になります。
毎日が当時と同じくらい幸せです。

むしろ、当時よりも幸せですね!
『何が幸せなんだよ!』
って思っている方、

『一緒にいられる事』
今の私は、究極これだけで幸せです。

どこかに一緒に出掛ける事でもなく高い料理を食べる事でもなく
『隣にいつもいてくれて一緒に笑って生活してくれる』
この事がどれだけ幸せな事なのか正直、別れていなかったら一生分からなかったです。

今思えば、彼女が『自分を見つめ直して欲しい』という想いで別れを切り出してくれたんだと、プラスに捉えています。

後輩の復縁談

彼女と復縁してから、ちょうど半年くらいの頃会社の仲の良い後輩が、
『彼女に振られました』
『死にたいです』
『仕事が手につきません』
と言ってきました。

後輩と彼女がラブラブだった事は、
話で聞いていたのでかなり驚きました。

毎日のように、
『彼女の料理うまいんですよ』
『今日もお泊りです』
『絶対に結婚します』
とか言っていたので・・・

後輩は、私が彼女と復縁した事を知ってたので
『今でも彼女の事大好きなんです』
『どうやって復縁したんですか』
と、泣きながら詳細をすぐに聞いてきました。

私が実践した全ての事を後輩に教えて実践させてみた所、ちょうど3週間くらい前に『彼女とヨリを戻しました』 と、喜びのLINEが入ってきました。

会社で会った時には、後輩から
『まじで感謝です』
『先輩、神です』
と、言われ、今では以前より無駄に仲が良くなりました(笑)

この出来事をきっかけに、母からの3つアドバイスと私が復縁するまでに実施してきた事は
『彼女を今でも本当に愛している』
『世界に彼女しかいない』

と、思っている全ての人に効果がある再現性があるモノだと確信しました。

先ほども言いましたが
『一緒にいるだけで幸せ』
って感じることができる相手って中々いませんよ!

『世界には、30億の女がいるから大丈夫!』
と言いますが、実際に出会える数はほんの数人です。

『その彼女を本当に失っていいんですか?』
改めて考えてみてくださいね。

親、友人、先輩などに
『彼女の事好きなの?愛してるの?』

と聞かれた時、
『んー、どうなんですかね』
『結婚はないですね』
とか言っている人は、このブログを読まないで下さい。

私や私の後輩と同じで、
『彼女が本当に好きです!』
『絶対に彼女と結婚します!』
『一緒にいるだけで幸せです!』
『死ぬまで一緒にいたいです!』

と大きな声で言える人だけ、このブログを読んで彼女と復縁をして幸せな生活を送って下さい。

そして最後になりましたが、これを読んで下さっている大切な彼女を失った方へ私からメッセージを送ります。
少しでも辛さが和らげば幸いです。

私がそうであったように、今は本当に辛いと思います。

”こんなに好きだったのに”
”なんか悪い事した?”
”もちろん浮気なんてしてないし”

”なんで別れなければいけないの”
”生きる価値ない”
”二度と会えないのかも”

と思っているでしょう。
ただ、残酷に感じるかもしれませんが現実は受け止めるしかありません。

あなたに今できる事は、現実を受け止めて

①気が済むまで彼女を考えて泣きましょう!

②過去の自分を見つめなおしましょう!

③本当に彼女を大切にしていたか振り返ってみましょう!

自分がそれだけ愛した人です。
安易な理由じゃ、あなたを振ったりはしませんよ!
自分が愛した、今でも愛している事に偽りはないですよね?

振るからには、なにか特別な理由があるはずです。
決してあなたの事が嫌いになって、別れたわけではありませんよ!

次はあなたの番です

自殺寸前で人生に絶望していた私が
『大好きな彼女と、どうやって復縁したか?』
私が身を持って経験してきた全ての手順を、このブログを読んで下さる皆さんに余すことなくお伝えいたします。

『なぜそんなことを公開するのか?』
と、思われた方へ
あなたにも大好きな彼女と復縁して幸せになってほしいのです。

その想いだけで、このブログを立ち上げ、公開することに決めました。

大変長くなり申し訳ありません。
最後まで読んで頂き本当にありがとうございます。

クチコミこんにちは、 希崎ライアンです。 LINE登録者が130名を超えました! 毎日、復縁の相談を受けております。 様々な悩み...