元カノの脈あり行動&脈なし行動11選!

こんにちは、希崎ライアンです。

あなたは、別れた元カノとまた連絡をとるようになってからというもの、「もしかして脈ありかも…」なんて思っていませんか?

元カノの間では、スムーズなレスポンスや会話の内容、さらにはデートの約束、といった復縁を期待させられるような出来事もあるのではないでしょうか。

しかし一度は別れた関係ということで、復縁に踏み切るのに少し二の足を踏んでしまう、というところもあるかと思います。

せっかく改めて想いを伝えるなら、今度こそ復縁を成功させたいですよね。

そこで今回は、元カノが脈ありかどうか見極めるにはどのようなサインがあるのか、というポイントをメインにあなたの背中を押していきたいと思います。

目次

元カノとの復縁にはタイミングが重要

別れてからは”冷却期間”が必要、という話はよく耳にします。

この期間は人によって様々ですが、要はお互い気持ちを整理する時間をつくろう、というわけなんですね。

一度別れたということは、何か別れるほどの理由があった、ということです。

別れた直後に「復縁したい」とアプローチしても、取り合ってもらえないのは明らか。

そこで別れた理由を改善し、自分磨きなどをすることで復縁のチャンスが生まれます。

「一度離れてみて、やっぱりまた付き合いたいと思った」なんてこともあるかもしれません。

いざ復縁をするには、タイミングも重要です。

別れてからある程度時間が経って、お互いにフリーで、連絡の頻度やデートの回数も重ねて…など、段階を踏んでいくことで復縁に近づくでしょう。

そんな中でベストなタイミングといえるのが、「元カノからの脈ありサイン」。

元カノとの気持ちが一致するタイミングで想いを伝えれば、成功率も各段に上がるでしょう。

元カノからの脈ありサインを見逃すな!

復縁のタイミングを計るためにも、元カノからの脈ありサインは見逃せません。

「もしかしたら脈ありかも」が確実になりそうな、元カノの言動についてご紹介していきます。

元カノの方から連絡がよく来る

別れてからしばらくして、元カノと連絡をとるようになった、というケースは少なくありません。

もとから円満な別れた方をしていれば、別れた後も友だちとして連絡をとっているということもありますよね。

中でも、仕事の関係で連絡をとる必要がある、などというわけでもないのに元カノから頻繁に連絡がくるというのは脈ありのサインかもしれません。

「何気ない会話をしているだけだし……」と思うかもしれませんが、実はそれが大切なんです。

例えば、今日は何をしていたとか何を食べたとか、こんな嫌なことがあった、とか一見意味のない些細なことも伝えたくなり連絡をするのは、好きな男性に対する女性のアプローチの一つ。

もちろん人によって個人差もありますが、「もっと会話を続けたい」「連絡をとっていたい」という想いが隠されている可能性があるわけですね。

まだ”好き”という段階までいっていなかったとしても、まったく好意のない人と連絡をとり続けたい、とは思わないものです。

元カノの方から頻繁に連絡が来るなら、復縁の可能性もゼロではありません。

レスポンスが速い

脈ありサインとして、LINEなどでレスポンスが速いというのも一つの目安です。

好きだからこそ文章に迷ってしまう、なんてこともあるかとは思いますが、基本的には好き人にはすぐに返事を返したくなるのがポピュラーでしょう。

とくに何気ない会話で速いラリーが続くなら、ある程度好意はあると思われます。

自分が即レスだと相手も合わせてくれている可能性もありますが、相手の方から速い返事が返ってくるならそれは相手の意思。

「少しでもたくさん話したい」「はやく返事が見たい」という気持ちがあるのかもしれません。

悩み相談をしてくる

「相談をする」というのは、相手に信頼を寄せている証拠でもあります。

たとえば、口が軽い人や頼りがいがないと感じる人には、積極的に相談をしたいとは思わないですよね。

LINEでの会話や電話、直接会ったときなどに元カノから相談をしてくるようであれば、人としての好意があることが伺えます。

何も復縁をするのには、ドキドキやときめきといった恋愛としての「好き」だけが動機ではありません。人としての信頼や好意が交際の決め手というケースもあるでしょう。

そしてこのような土台があれば、交際も長続きしやすい傾向があります。

とくに復縁だと、恋愛としての好意よりも人としての魅力をアプローチした方がうまくいく場合も。

というのも、一度は付き合っているからこそ、「好き」という感情は持ったことがあるはず。

しかし、もちろん個人差がありますが、一度それを手放してしまうともう一度同じくらいの熱を上げるのは難しいという方も少なくありません。

そのため、相談をよく受けるほどに一人の人としての信頼や好意といったものを持ってもらっている、というのは大きなサインだともいえるでしょう。

食事に誘われることが多い

LINEや電話といった連絡だけでなく、直接会う約束を元カノから誘ってくるなら、これも脈ありのサインだと考えられます。

1対1なのであれば、デートのようなもの。

ましてや元カレという存在をあえて誘っているなら、好意はあると見て良いでしょう。

好意のある相手、もしくはよほど気の許せる相手でなければ、女性は基本的に1対1で食事に誘うことはありません。

とくに用事がないのに、食事に行ったりどこかに買い物に行ったり…というような何気ないデートに誘われるのは期待ができますね。

元カノの方から誘われるのはもちろん、自分から誘ってもOKが出るようであれば可能性はありそうです。

付き合っていたころの思い出話をしてくる

元カノと話しているときは、どのような内容が多いでしょうか。

今日あったことなどの何気ないことや、仕事の話、趣味の話…といったことが多いのではないかと思います。

しかしそんな中で、「付き合っていた頃の思い出話」があれば脈ありサインの可能性も。

付き合っていたときのことを振り返ることができるということは、ある程度は昔のこととして割り切っているということ。

それにも関わらず、元カレ、そしてその本人であるあなたに思い出話をするということは、元カノの方も多少なりとも未練があるとも受け取れます。

別れたということはそれなりの理由や原因があったのかもしれませんが、今となっては良い思い出の方が勝っている、ということではないでしょうか。

明らかに昔のことを責める、とかでなければ、それとなく復縁をしたいという気持ちを匂わせているのかもしれません。

彼氏とうまくいかない愚痴を聞かされる

もしも元カノがフリーではなく、彼氏がいる場合。

「彼氏とうまくいかない」「こういうところが合わない」などという話を聞かされることはないでしょうか。

元カノとは完全に友達関係なのであれば、女友達に話すような愚痴や惚気といったノリかもしれません。

しかし、完全に友達に戻った、という関係でないのであればそれは脈ありのサインとも考えられます。

「元カレとはうまくいかないし、あわよくば復縁するのもいいかも…」と思っている可能性も。

元カレとの別れを後押ししてもらえるかどうかで、あなたの気持ちを計っているというのもよくある話です。

当時のプレゼントをまだ使っている

付き合っていた当時にあげたプレゼントをまだ使っている、というのも脈ありサインの一つ。

「デザインが気に入っているから使っている」という可能性もゼロではありませんが、女性はとくに”誰にもらったか”というところも重視します。

そのため、いくらデザインなどが好みでも、別れてからプレゼント主のことを嫌いになっていればそのモノは使わない、ということが多いもの。

別れたと同時に捨てたり、売ったり、ということがほとんどです。

にも関わらず、いまでも使い続けているということはあなたを完全に嫌になったわけではないとも受け取れます。

別れた後の恋愛事情を知りたがる

好きな人の恋愛事情は、ついつい知りたくなるもの。

自分と別れてから彼女ができたのか、好きな人はできたのか、といった別れた後の恋愛について元カノが聞いてくるということは脈ありです。

元カノも復縁を視野に入れているからこそ、今の恋愛事情はもちろん過去のことまで知りたいと思っているんですね。

好きな人がいつまでいたのか、もう関係はないのか、好みのタイプは変わっていないのか…これから付き合いたいからこそリサーチするのは当たり前ともいえます。

そのため、元カノが自分と別れた後の恋愛事情を聞いてくる、ということは、元カノも復縁を考えている可能性がかなり高いでしょう。

元カノからの脈なしサインは…

ここまでは、元カノからの脈ありの可能性が高い言動をご紹介してきました。

しかし、元カノからの態度が本当に脈ありかどうかわからない…という方もいるはず。

ここからは、今までとは逆に脈なしの可能性がある元カノの言動についてご紹介していきます。当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

連絡が遅い

脈ありのサインの一つは、レスポンスの早さでした。

好きな人とは、出来るだけテンポよく会話を続けたいもの。連絡が見たら、ついついすぐに確認してしまう…ということもよくありますよね。

その点、逆に連絡が遅い場合には脈なしの可能性が高いとも考えられます。

というのも、連絡の返信の優先順位が低いからというわけです。

SNSにはいるのに、連絡は返ってこない…というのもよく聞く話。

しかし、もちろん彼女にも仕事やプライベートの用事もあるでしょう。

時間帯などで返信が遅くなるということは大きな問題はありませんね。

何かと会う機会を避けられる

彼女から誘ってこない、ということならともかく、こちらから何度誘っても断られるときには脈なしの可能性が高いでしょう。

元カノにも予定があるでしょうから、休日だとしても断られることは不思議ではありません。しかし、何度誘っても断られるとなると望みは薄いでしょう。

よくいわれるのが、3回目のデートで断られたら脈なし、というもの。

1回~2回なら予定が合わずに断られるということはあったとしても、3回も断られては彼女には行く気がない、と考えてもいいでしょう。

というのも、2回も続けて断っていれば、少なからず断る元カノの方にも罪悪感が生まれるかと思います。

加えて、もしも本当に行きたいと思っているなら、彼女の方から空いている日を教えてくるはず。

それがないということは、デートができる可能性は低いというわけです。

お誘いができるということは連絡はできているということですから、どうしても直接会いたいなら二人ではなく友人も交えて複数人で…などであればOKしてくれるかもしれませんね。

付き合っていた頃と態度や口調が違う

付き合っていた当時と比べて、明らかに態度や口調が違う…という場合も、脈なしの可能性が高いサイン。

もちろん個人差はありますが、友だちや家族の前と恋人の前では振る舞いも変わるという方は多いものです。

友だちの前では少しだらしなくできる部分も、恋人の前ではしっかりしていたり…ということもよくありますよね。

その点から見て、元カノの態度が明らかに変わっているのなら「恋人枠」から外れたということです。

もちろん恋人ではなくなっているわけなので、この「恋人枠」というのは恋人そのものという意味ではなく「恋人になりえる候補」ということです。

というのも、もしもまだ脈ありなら、付き合っていた頃と同じように恋人としての態度をとるはず。

復縁にはいたっていなくても、「もしかしたら復縁するかも」と思っていたら下手な態度はとらないでしょう。

そこが明らかに変わっているということは、元カノの中でも過去の恋人になったということなわけですね。

まとめ:脈ありでも元カノと復縁するためには焦りは禁物

復縁したいと思ったら即行動!…なんて方も少なくないのではないでしょうか。

もちろん復縁するための努力は素晴らしいですが、彼女の気持ちやタイミングをしっかり見極めることも重要です。

自分磨きは怠らない

元カノと復縁したいなら、自分磨きはマスト。

一度理由があって別れたわけですから、まずは別れた原因やきっかけとなったことを改善することが必要です。

別れた原因を振り返り、自分に直せるところがあれば積極的に改善していきましょう。

外見や内面の自分磨きはもちろん大切です。

しかしいくら魅力的になったとしても、別れた原因などがそのまま変わっていないのなら元カノとしても復縁に踏み切るのは難しいでしょう。

せっかく付き合うのに、また同じことの繰り返しになるのは避けたいところですからね。

「もう一度付き合いたい」と思ってもらうためにも、客観的に自分を見てレベルアップしていくことが大切になるわけです。

一気に距離を詰めすぎない

復縁してすぐにアプローチをされても、なかなか響かないもの。

ある程度は冷却期間を置いて、お互いに気持ちの整理がつくまでの時間が大切なんですね。

そして冷却期間を終えた後も、一気に距離を詰めすぎるのはNG。

あまりにも突然に勢いよくアプローチをしても、「彼女がほしくなっただけなんじゃない?」「ずっと好きだったわけじゃないんだろうし」と思われてしまう可能性も。

一度付き合っていたからこそ良い部分を知っているところもありますが、逆に復縁だからおこそ少しハードルが高い部分もあります。

ゆっくり様子を見ながら、相手のペースに合わせて関係を築いていくことが鍵です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる