元カノの誕生日にラインをするのは「アリ」なのか解説します

こんにちは、希崎ライアンです。

あなたは、元カノの誕生日に「できることならお祝いしたい…」「連絡をしてもよいのかどうか迷う」と思っていませんか?

別れてからというものなかなか元カノのことが忘れらないとはいえ、自分の気持ちはもちろん相手の気持ちの整理もついていなければ、昔のように戻るのも難しいものですよね。

そこで今回は、元カノの誕生日にラインをするのはアリかナシか、また、元カノの誕生日に送るラインの内容についてご紹介していきたいと思います。

もしも元カノの方から誕生日ラインが来たときにはどうしたらいいのか、またどのような気持ちで元カノは連絡をしてきているのかどうかも一緒に見ていきましょう。

目次

元カノの誕生日にラインするのはアリかナシか

元々好きだった相手、そしていまでも復縁したいと思っているのなら尚更、元カノの誕生日の日になると懐かしさが生まれたり、できるなら連絡を取ったりお祝いしたりしたいと思ってしまうもの。

とはいえ、円満に別れられなかったり暫く連絡を取っていなかったりすると、誕生日だからといって突然連絡をするのは気が引けるということもありますよね。

しかし結論から言うと、元カノの誕生日にラインするのは「アリ」です。

ただし、別れた理由や別れてからの期間によっては、少し連絡の方法に気を付けた方がよいかもしれません。

ここから、それぞれのケース別にご紹介をしていきたいと思います。

元カノに現在恋人がいるならナシ

元カノの誕生日にラインをするのは「アリ」ですが、現在元カノに恋人がいるのであればあまり好ましいことではないでしょう。

もしも現在恋人がいることを知っているのであれば、誕生日ラインは送らないほうが賢明です。

というのも、元カノの方に少しでも未練があったのであればともかく、そうでなければ誕生日ラインだけで大きく気持ちが動くということはあまり考えにくいから。

むしろ現在恋人がいるのであれば、このような誕生日ラインは面倒、迷惑に思われてしまうことも考えられます。

さらに、誕生日ということは現在の恋人と一緒に過ごしている可能性も。

そんな中で元カレからの連絡が恋人の目に入ればよい雰囲気にはなりませんし、その原因となったあなたの印象も悪くなってしまうこともあるでしょう。

恋人がいる中での誕生日ラインは、リスクが大きめ。

女性によっては嬉しい気持ちになるかもしれませんが、元カノの状況を考えると、今の段階ではまだ連絡を取らないほうが後々うまく転ぶかもしれませんよ。

別れた理由は?

ここからは、別れた理由別で誕生日にラインをしたほうがいいのかどうかを見ていきたいと思います。

円満に別れていない場合

円満に別れることができなかったり、もしくは別れるときに縋ったりすでに復縁を迫ったことがある場合。

このような場合には、誕生日ラインをしてもうまく連絡が続く可能性は少ないでしょう。

元カノ側にはまだ復縁する気がない場合、誕生日ラインが来ても「またか…」と思われてしまうことも。

しつこいと思われたことをきっかけにブロックされるなど、関係性が悪化してしまうリスクがあります。

まだお互いに気持ちの整理がついていない段階で誕生日のラインをしても、純粋に「うれしい」と思ってもらえるケースの方が少ないと考えられます。

そのため円満に分かれていない場合には、別れた当時の不穏な雰囲気がない、またお互いに気持ちが整理できているのであれば連絡してみるのもいいですね。

復縁のためには冷却期間が必要なように、円満に別れられていない場合には誕生日ラインを送る際にも時間が経っていることが必要というわけです。

ずっと友達として付き合っている場合

別れてからも、友達のように関係性を続けている場合。

この場合には、誕生日ラインも気にせず送って問題ないでしょう。

元カノとしても気まずさはなく自然に受け入れられますし、純粋に「おめでとう」という言葉を喜ぶことができるのではないかと思います。

このラインをきっかけに、連絡を続けることも難しくないですよね。

友達としての関係なのであれば、別れてから時間が経っていても別れてすぐだとしても、とくに別れてからの期間は気にする必要はないでしょう。

元カノへの誕生日ラインは未練があると思われる?


元カノへ誕生日ラインを送ると、「未練があるのかも」と思われてしまうのではないかと不安な男性もいるのではないでしょうか。

もしも誕生日ラインを送る前に復縁を迫っていたり、別れ際に「別れたくない」と縋っていたりするのであれば、未練があるように思われても不思議ではないでしょう。

自分のことがまだ好きで誕生日ラインを送ってきたのかも、と思われるかもしれません。

逆に、上記のようなことがないのであれば、特別未練があるように思われることはほとんどないでしょう。

元恋人の誕生日は、覚えていて当然ともいえるもの。

とくに友達のような関係を続けられているようなケースでは、未練があることが元カノにばれてしまう可能性も低いと考えてよいのではないでしょうか。

復縁につながるとは限らない、期待しすぎないことが前提

好きな人はもちろん、友達から来る誕生日の「おめでとう」ラインはうれしいものですよね。

元カノも同様に、相当な別れ方でもしていない限りは祝ってもらえることで嫌な気持ちになることはないでしょう。

そのため、元カノに誕生日ラインを送るのは「アリ」というわけですね。

しかし、誕生日ラインを送ったからといって関係がグッと縮まるのかというと別の話。

誕生日ラインひとつで、「覚えてくれていた!うれしい!好き!」とはならないということです。

邪な気持ちがあるのであれば、それは元カノにもバレしまう可能性も。

前提として、誕生日ラインは「お祝いしたい」という気持ちを伝える他に過ぎません。

「元カノの誕生日をお祝いしたい」「一言だけでも伝えたい」という気持ちなのであればぜひとも誕生日ラインを送るとよいでしょう。

極端なことを言ってしまえば、誕生日ラインを送るかどうかは自己満なわけです。

元カノの方から求められているわけではなく、好きな人に気持ちを伝えたいから連絡しているだけ。

返事が返ってくることや復縁がうまく進むことを期待しすぎないことが大切です。

誕生日ラインは自分のお祝いの気持ちを伝えるもの、と思っておいたほうが、結果はどうであれ今後を考えると良い方向に進むのではないでしょうか。

元カノへの誕生日ラインの内容は?

では、いざ元カノへの誕生日ラインを送ろうと思ったとき、どのような内容で送るかというところですよね。

復縁したいと思っているとはいえ、突然の誕生日ラインで積極的すぎるのも元カノにとっては怪しまれてしまう可能性も。

自然な誕生日ラインについて見ていきましょう。

できるだけシンプルに

とくに久しぶりの連絡となると、「今は何をしているんだろう」「好きな人はいるのかな」などと聞きたいことや知りたいこともたくさんありますよね。

しかしこのようなことを考えていると、ついついラインが長くなってしまうもの。そうなると、未練を感じさせてしまったり、しつこいと思われたりということも考えられます。

あるあるとしては、「誕生日おめでとう」の後や返事が返ってきた後に自分の近況を話しはじめたり、相手に質問攻めをしたりしてしまうパターン。

これで、「誕生日を利用して連絡してきた」と思われるのは避けたいところです。

そのため、誕生日ラインはできる限りシンプルに。

あくまでも、今回送るのは元カノの誕生日をお祝いするものです。自分の聞きたいことや知りたいことでなく、元カノの気持ちを考えた内容にするのがベストでしょう。

自分が友達にもらってうれしいような、「誕生日おめでとう!幸せな1年にね」のような簡単なひとことを送るだけでも十分なのではないでしょうか。

無理にラインを続けない

せっかくラインができたなら、このまま連絡を続けたいと思うもの。

かし、先述の通りしつこいと思われてしまっては元も子もありません。

続けるとするならば、「誕生日おめでとう」+一言近況を聞く、くらいがちょうどよいでしょう。

近況を聞くといっても、「最近どう?」のような漠然とした質問では何に対して答えたらよいのかわからず、元カノも返事に困ってしまいます。

何とか話を続けようとしているようにも見えてしまうので、近況はできるだけ具体的に聞くのがおすすめです。

「仕事は落ち着いてきた?」など、相手の答えやすさを重視しましょう。

もしも元カノから返事が来たら

「誕生日おめでとう」の後は「仕事は落ち着いてきた?」など簡単に近況を振ってみて、そこから会話が続けられそうであれば会話を続けていきましょう。

別れてから冷却期間を置いており、お互いに気持ちの整理がついているのなら思い切って食事に誘ってみるのもアリ。

これこそ、誕生日を口実に食事をごちそうするという誘い文句が使えますよね。

もしも思うように会話が続かなかったり、スタンプだけで返事が返ってきたりするようになったら、無理に会話を続けずに一先ず引くのも大切です。

あくまでも誕生日のお祝いラインですので、今回のラインで返事が返ってくるだけでも収穫でしょう。

別れてからしばらく連絡を取っていなかったとしても、一度こうしてやり取りをすれば次回以降も連絡がしやすくなるはずです。

ラインを送るベストなタイミングは

付き合う前などは、誕生日になってすぐの時間にラインを送っていたかもしれませんが、別れた後もこの時間に送っていると未練があるのではないかと警戒されてしまう可能性が。

また、自分は誕生日をお祝いしたいと思っていますが、元カノの方はまだ直接連絡を取るのは気まずいと感じているかもしれません。

そのため誕生日当日なら1日の後半に、もしくは誕生日の翌日でもよいかもしれませんね。

もしも元カノの方にも未練があるのであれば、あなたからのラインが当日来ないことで寂しさを感じていることも。

どちらに転んでも悪いことはないので、気持ちを伝えるには誕生日0時に送らなければ!ということはなく、慎重に進めていくことが大切です。

元カノから誕生日にラインが来ても期待はNG

ここまでは元カノが誕生日の場合のお話でしたが、ここからは自分が誕生日のケース。

好きな相手から誕生日のお祝いラインが来ると、ついつい期待したくなってしまいますよね。

さらに元々付き合っていた相手となると、復縁の可能性もゼロではないのでは、思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

元カノからの誕生日ラインは“友達”としてなどの可能性も少なくないもの。

元カノの方にも好意があって、誕生日ラインをきっかけに食事の予定ができた…ということもありますが、誕生日ラインが来たということだけではあまり期待しすぎないほうが良いでしょう。

元カノの方から誕生日ラインをしてくるときの3つの心理

では、元カノの方から誕生日にラインをしてくるときには、どのような気持ちで連絡をしてきているのでしょうか。

友達として

別れた後も気まずくなるわけでなく、元々と同じとまではいかなくとも友達の関係を続けられている場合。

この場合には、誕生日ラインが送られてきても“友達として”送られてきている可能性があります。

友達として付き合っているなら、誕生日を知っているのにスルーするのも気が引けるところ。

そのため友達付き合いとして送っているというパターンも多いでしょう。

付き合っていたのは過去のこと、としてしっかり線引きできているからこそラインを送れているという考え方もできますね。

ラインが来るとついつい期待してしまうところですが、あまり期待のしすぎはNGです。

寂しい時期

友達として、もしくは好きだから、という理由以外にあるのが“寂しい時期だから”というもの。

好きな人とうまくいっていない、失恋した、寂しいと感じたときに偶々あなたの誕生日を思い出した可能性もあるでしょう。

元恋人というと、周りの友達と比べても少し特別な部分があるもの。

恋愛の傷は恋愛でしか癒せない、ともいわれるように、あなたに連絡を取ることをきっかけに寂しさを紛らわせようとしているのかもしれません。

好意のアピール

いままでのパターンとは対照的に、あなたに好意があって誕生日ラインを送ってきている場合も。

復縁したいという気持ちがあったり連絡を取りたいと思っていたりしてもなかなかきっかけが掴めず、誕生日がチャンスだと連絡するという女性もいるでしょう。

元カノから誕生日にラインが来て、そのあとも近況を聞かれたりと違う話題でラインを続けられたり、食事のお誘いをされるようであれば元カノの方にも好意があるのかもしれませんね。

誕生日に祝ってもらえるのは、うれしいもの。

別れたからといって、誕生日ラインを送るのはダメ、ということはないでしょう。

大事なのは、内容やタイミング。未練があると思われてしまったり、意味をはき違えられたりしてしまう可能性もあります。
あくまでも、誕生日ラインはお祝いの気持ち。

自分が送りたくて送るものですので、元カノの気持ちをよく考えて送りましょう。

すこしの伝え方や接し方で、誕生日ラインをきっかけに会話がはずんだりまた会えるようになるかもしれませんよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる