【必見】復縁に必要な冷却期間の3つの効果をお伝えします

2020 6/24
【必見】復縁に必要な冷却期間の3つの効果をお伝えします

こんにちは、希崎ライアンです。

別れた彼女と復縁したい!

そんなときはどうしても焦る気持ちが押さえられずに早まった行動をしがちです。
復縁には冷却期間が必要とはよく聞きますが、一体この冷却期間はなぜ必要なのでしょうか。
今回は、別れてしまった彼女との復縁を狙いたい男性向けに、冷却期間のもたらす3つの効果についてお話ししましょう。

目次

自分の気持ちを落ち着かせることができる

フラれてしまったにせよ、ケンカ別れをしてしまったにせよ、別れた直後は気持ちが高ぶっています。
「このまま別れてはいけない!どうしても彼女を失いたくない!」と思う気持ちは分かります。

ですが、この高ぶった感情のままに起こす行動は、あまり良い効果を生み出しません。
一旦時間を置くことで自分自身の気持ちを穏やかにすることができます。落ち着いて考えると、それまで見えなかったことも見えてくるものです。
勢いのままに気持ちをぶつけるよりも、ここで一呼吸おくことで、より理にかなった行動ができるようになります。

相手に気持ちを落ち着かせる時間を与えられる

別れた直後に心が乱れてしまうのはあなただけではありません。
別れを切り出した彼女の方も多かれ少なかれ、一つの恋愛が終わってしまったことに対してたくさんの想いが渦巻き混乱しているでしょう。
別れた原因が何であれ、冷却期間を置くことで彼女の気持ちは落ち着きを取り戻します。

「もう知らない!もう終わりにするわ!」と仮にケンカ別れしてしまった場合でも、冷却期間を置くことで、「やっぱり間違っていたのかもしれない」と彼女の方が後悔する可能性もゼロではありません。
揉めて別れてしまったケースほど、冷却期間のもたらす効果は大きいです。

復縁へのアプローチ計画を考える時間ができる

どうにかして復縁しようと、別れた直後に彼女に頼み込み「よりを戻してくれ!」と何度すがったところで、彼女からしてみれば「もう今はその話も聞きたくない」というのが正直なところかもしれません。

このタイミングでアプローチをしても、気持ちが荒れているため彼女も落ち着いて話を聞くことが難しく、復縁は結果的に叶いにくくなってしまいます。

冷却期間を置くことで、彼女にあなたが何を伝えたいのか、どうして復縁したいのか、などしっかりと考えることができます。彼女とコンタクトを取らないこの期間だからこそ、冷静にその先のアクションを計画することができるのです。

まとめ

冷却期間を置くと、その間に彼女がもう完全にいなくなてしまうような不安に襲われるかもしれません。
ですが、この冷却期間は復縁にあたってとても重要なもの。
冷却期間を置くことで、お互いの気持ちが落ち着き、あなたが彼女に何を伝えたいかがまとまります。

焦ってはいけません。
彼女との復縁を目指すなら一旦しっかりと冷却期間を置きましょう。
そのメリットはあなたが考えるよりもはるかに強力で影響力の大きいものですよ。

目次
閉じる