やるべき自分磨き

彼女にフラれてから復縁までどれくらいの冷却期間が必要か?

こんにちは、希崎ライアンです。

 

あなたがどれだけ彼女と復縁したいと思っても、相手の合意が無ければ復縁は出来ません。

その復縁の合意を取るためには、やっぱり時間が必要です。

 

ただ、どれくらいの時間がかかるか目安でも分からないと、やる気が起きなかったり不安に押しつぶされてしまい、復縁に対する気力を保つのが難しくなります。

目標が定まるだけでも、かなり復縁活動がスムーズに進みます。

 

これから復縁活動をしていく上で、精神力と根気が必要になるため、それを維持させるためにも自分の復縁活動の目安を知っておきましょう。

 

今回の記事では、彼女との別れ方によって違う復縁までの期間を解説いたしますので、ゆっくりと読んでみて下さいね。

 

すれ違いで彼女にフラれた場合

お互いの仕事が多忙で中々会えない時間が多くなり、2人の間に距離を感じるようになり、すれ違いが起きて別れるパターンです。

会えない寂しさが募ったり、恋愛が邪魔と感じるようになって別れを切り出される事が多いですね。

 

この別れ方の場合には、その状況から抜け出したいという勢いで別れてしまう事が多く、冷静に考えてみたらやっぱり好きだという女性が多くいます。

ただ、お互いに落ち着く時間は必要ですが、冷静になったと感じたらすぐに彼女と話し合う時間を作りましょう。

 

この場合の原因は、非常にシンプルです。

あまりにも話す時間が少なくて気持ちを伝えられず、相手の気持ちが分からなくなり疑心暗鬼になり、なんとなく気持ちが冷めたと感じていただけです。

なので、二人でしっかりと話合えば、これから十分に上手く行く事が考えられますよ。

 

そのため順調に行くと、別れた後1か月程度の冷却期間を置けば、復縁出来る可能性があります。

 

ケンカが原因でフラれた場合

些細なケンカから一時的に感情が高ぶってしまい別れた場合も、先ほどと同様に冷静になってみたらやっぱり好きだったというパターンが多いです。

この場合も、1か月程度経って冷静になれたなら、2人で話し合いをするべきです。

 

その話し合いの中で、しっかりと誠意を持って謝罪し、お互いの将来の話をすればあっという間に復縁が出来るはずです。

 

価値観や性格が原因でフラれた場合

価値観や性格が合わなくてフラれたならば、少し長い目で復縁活動をしなければなりません。

付き合っている期間が長くて、この理由でフラれたなら将来的なビジョンが見えなくてフラれた可能性が高いです。

 

この場合、あなたが彼女の気持ちをしっかり汲み取り、あなた自身が自分磨きをしっかりして大きく変化する努力が必要です。

 

あなた自身を変化させるにも、彼女の気持ちを落ち着かせるにも、時間がかなり必要です。

なので、少なくても半年、長い場合は1年程度は覚悟しておいてください。

 

彼女が別の男性の所に行ってしまった場合

彼女に新しい恋人がいるならば、その恋人と別れるタイミングを狙う必要があります。

一般的に、付き合って3ヶ月くらいはラブラブでしょうから、少なくてもそれ以降のタイミングでアタックし、それまでの間は自分磨きにかなりの努力をし続ける必要があります。

 

そのため、これも上のパターンと同様に期間は半年から1年は覚悟しておきましょう。

半年も辛すぎて待てないと思うでしょうが、焦っても彼女が戻ってくるわけではありませんので、ここは冷静になって戦略を立てて復縁活動をしていきましょう!

 

まとめ

●すれ違いで彼女にフラれた場合

●ケンカが原因でフラれた場合

冷却期間⇒1か月から半年程度

 

●価値観や性格が原因でフラれた場合

●彼女が別の男性の所に行ってしまった場合

冷却期間⇒半年から1年程度

ABOUT ME
希崎ライアン
希崎ライアン
3年間同棲した大好きな彼女に振られ、もう生きる価値がないと思い自殺寸前だった26歳会社員の私が、“たった90日”で大好きな彼女と復縁した方法を赤裸々に公開します。