元カノと復縁を成功させる「外面」と「内面」の自分磨き方法を徹底解説

あなたは、大好きな元カノと別れてしまったものの、なんとか復縁したい!と思っていませんか?

そんな大好きな元カノと復縁するのに大切なものの一つが、「自分磨き」です。

別れたときと何も変わっていないのに、”復縁”という選択肢はありません。

もう一度元カノに好きになってもらうには、別れたときよりも変化や成長がなければ魅力的には映らないものです。

とはいえ、自分磨きといっても具体的にはどうしたらよいのか……と思うところ。

元カノと復縁するためにの自分磨きでは、外見・内面ともに何をするべきかをご紹介していきます。

目次

元カノとの復縁に自分磨きは必要か

元カノは一度は惹かれあった相手、でもありながら、一度は別れた相手。

別れることになったのには、何かしら原因があるはずです。

別れることとなった理由は様々ですが、とにかく復縁の可能性を上げるのに必要なのは「別れたときよりも魅力的になる」こと。

そのためには、別れることとなった原因を改善することを含めて、自分磨きが鍵になってきます。

いくら外見が良くなっても、内面が変わっていなければ復縁に踏み切ることはありません。

逆も然りで、内面が変わっていても外見がだらしなくなっていると印象は良くないものです。

外見も内面も、どちらも磨いていくことが大切というわけです。

「なんだかあのときよりかっこよくなってる」
「別れた原因になったことも直ったみたい」
「前よりも魅力的になった」

と思ってもらえるように、地道な努力が必要になります。

自分磨きをするには、何から始めたらよいのか。

自分磨きの大前提から、外見・内面ともにできることをお伝えしていきたいと思います。

自分磨きの大前提

まずはじめに、自分磨きをすることで何を身に付けるべきなのかをご紹介していきます。

外見を磨く、内面を磨く、もちろんどちらも大事なことです。

しかしそれだけではなく、外見・内面を磨く中でついてくるものが重要だったりするんですね。

気持ちを落ち着かせるまで冷却期間は必須

今、自分磨きをしよう、と思っているのは「元カノと復縁するため」ですよね。

まず元カノとの復縁で必須なのは、冷却期間。

いくら見た目がかっこよくなっても、中身が魅力的になっても、別れてすぐ復縁を考えてくれる可能性は高くありません。

お互いに一度冷静になる時間が必要なことはもちろんですが、直後よりもしばらく時間が経った方が復縁しやすいのが実際のところです。

何でも時間が解決する、とは断じていえませんが、ある程度のことは薄れていく部分もあるもの。

さらに、思い出は美化されるともいいますよね。

良くも悪くも別れてからある程度時間が経って、不満なことも良かったことも少し忘れてきた頃がベストだとも考えられます。

この冷却期間を活用して自分磨きの時間に充てることで、復縁の可能性も上げられるでしょう。

自信をつけることが大切

自分磨きで外見・内面を磨くことで元カノの目に魅力的に映る…というのももちろんなのですが、自分磨きによって自身をつけることも大切です。

一度好きになった相手だから簡単、と思う部分もあるかもしれませんが、別れ方によってははじめて付き合ったときよりも復縁の方が難しいということも珍しくありません。

自分も元カノのことをよく知っているから、ある程度の好みや、されて嬉しいことや嫌なことがわかる、というのはメリットの一つです。
しかしその反面で、自分の悪いところも知っているのが元カノ。

とくに別れた原因が自分への不満や喧嘩別れだったとすると、良い印象が残っていないこともあります。

人は、最後の印象が強く残りやすいもの。別れたときの印象が悪いと、そこから巻き返すのにはかなりの努力が必要です。

外見・内面が優れているのはもちろん魅力的ですが、それに伴う自信がある人はより魅力的に見えるもの。とはいえ、自信だけあっても自分磨きが追いついていなければ逆効果です。

元カノに自分をアプローチできる自信と、それに見合う自分磨きが必要なんですね。

いままでの自分、プラス何かを身に付ける

先述の通り、元カノは自分の悪い部分だけでなく良い部分も知っています。

その上で元カノは別れを選んだということは、何か自分にも至らないところがあったのではないでしょうか。

もちろん、カップルの別れはどちらが一方的に悪いとはいえません。(浮気などはまた別ですが)

だからこそ、復縁したいなら自分の短所や欠点を改善することで復縁の可能性を上げることが大切です。

さらに、恋人だったということは一度は惹かれたということ。しかしその一方で、別れる原因があったということです。

そのため、別れた頃の現状維持では、復縁に踏み切るまでの決定打はないともいえるでしょう。

今までの自分にあった至らない部分を改善するとともに、何かプラスになるものが必要というわけです。

そのプラスは、体型などの見た目なのか、考え方や趣味などの内面なのか、自分の中で強みになるものを見つけられると良いですね。

まずは別れた原因から

復縁を目指すなら、まずは別れた原因を振り返ることからはじめましょう。

元カノと別れた原因を客観的に振り返り改善することこそが、復縁への第一歩になります。

別れた原因を客観的に振り返る

別れた原因を改善するには、「どこに問題があったのか」を把握することが第一です。

元カノの方が何かしら不満を持って別れたとしても、特別大きな問題でなければ何かが一度あったで別れに至るということは珍しいでしょう。

どうしても直らない癖や、何度言っても聞き入れてくれないこと、そんな小さな物事の積み重ねが別れにつながったというケースもかなり多いものです。

「喧嘩したときに無視をする」
「元カノの意見はあまり聞かない」
「何事も上から目線で接してくる」
「何回言っても直さない、だらしない癖がある」

など、一度では許されたことも、積み重ねていくことで相手のストレスになることも。

同棲しているカップルだと、「急に晩御飯がいらない・いるの連絡がくる」そして、「”飯作るだけじゃん”と悪びれない」
「家事分担の負担が明らかに大きい」
といった生活に関する理由による喧嘩や破局もよく耳にしますね。

何か決定的な理由があればいまからでも直す努力ができますが、このような理由は自分で気づくことが難しいのが実際のところ。

自分の行動を振り返り、それでも別れたきっかけとなったことがわからなければ友人などを通して聞いてみたりするのも一つの手です。

改善するためには、まずはその問題を知らなければ行動に移せません。一旦冷静になって、客観的に別れたときのことを振り返ってみましょう。

自分の短所を直す

別れたきっかけになった欠点や、今自分で考えうる短所、それが見つかったらあとは直す努力をするだけです。

いくら外見がかっこよくなっても、付き合っていたときの不満な部分が何一つ変わっていなければ同じことの二の舞。

元カノにも、「どうせまた付き合っても同じことになる」と思われてしまいます。

万が一復縁できたとしても、結局は同じ理由ですぐに別れてしまう…なんてこともありえないことではありません。

そのようなことを避けるためにも、まずは自分の短所を直すことが大切だというわけですね。

【外見】の自分磨き

外見の自分磨きをはじめるとき、まずは何から始めたら良いのでしょうか?

できるだけ近道で、より自分を魅力的に見せるための自分磨きをご紹介していきます。

今よりも断然上を目指して

まず前提として、今よりも断然上のレベルを目指すことが大切です。

自分磨きをたくさんしておいて、損になることや後悔することはないもの。逆にに、もっとしておけばよかった、と後悔することはあるかもしれません。

最初から「これくらいでいいや…」とそこそこにするのではなく、目標は上に設定しましょう。

一度別れたあとの、復縁のハードルは低いものではありません。

もう一度元カノに好きになってもらうには、再会した時に「前よりかっこよくなってる」と一目で思ってもらえる方が良いのは間違いありません。

冷却期間中に、自分のできる限りの自分磨きを極めていきましょう。

体づくりはマスト

第一印象として、顔はもちろんですが体型も大きく印象を左右します。

そもそも一度付き合っていたということは、顔をはじめとした見た目は嫌いではないはず。

しかし「変化」を見せるという点では、体型はかなり効果的です。

最近では、筋トレもより一般的に親しまれるようになっています。動画サイトなどでも検索すれば、1日10分からの筋トレ、なんてのもたくさん出てきます。

そして体全体を見た時の割合として多くを占めるのが体型です。

太っている、痩せている、筋肉がある、筋肉がない、ということに限らず、姿勢も大切。

肩が内側に丸まって所謂猫背になっていると、なんだか垢抜けない印象に。自信がないように見えたり、だらしなく見えるものです。

普段の姿勢から意識して、少しずつ筋トレなどの運動も取り入れていくと良いでしょう。

自分に似合ったヘアスタイルに

SNSなどでも、男性が美容室で髪型を変えただけのビフォーアフターなのにかなりかっこよくなる…なんて動画がよく話題になりますよね。

一見小手先の自分磨きに思えるかもしれませんが、髪型による印象の違いは一目瞭然。

手っ取り早くかっこよくなれる、という点でもヘアスタイルを変えるのはおすすめです。

髪色や髪型など、自分の好きなスタイルにすることはもちろん大切ですが、「自分に似合う」スタイルを知ることで選択肢も広がります。

自分の肌にはどんな髪色が似合うのか、顔の形にはどんな髪型が似合うのか。

雑誌やネットなどで自分で調べることはもちろん、イメチェンで人気の美容室などをSNSで見つけておまかせにしてみるのも良いかもしれませんね。

客観的に、プロの目線でスタイルを決めてもらえばほぼ間違いはないでしょう。

歯・髪・肌の手入れは欠かせない

所謂垢抜け、を目指すなら、歯・髪・肌の手入れはマストです。

この3つがお手入れされていないと、一気に清潔感の印象が変わります。

芸能人は歯が命、と昔に言われていたように、歯が白く綺麗なだけで清潔感がグッと上がります。笑ったり喋っていたりすると、意外と目に入る部分なんですね。

さらに髪のパサつきやプリン状態、しばらく放っておいて伸びっぱなしな髪などは「だらしない」印象に。自分ですごい努力をしなくても美容室に行くことで解決できる部分なので、まずはここから初めてみるのも良いですね。

この3つすべて、体の部位としては面積が小さいところですが印象を変えるには十分な要素です。

わかりやすい変化じゃなくても、小さな積み重ねが「なんか素敵になった」につながるんですね。

【内面】の自分磨き

復縁のためには、外見はもちろん内面磨きも欠かせません。

元カノと復縁するにしても、やはり性格の面で不満があると長続きはしないもの。

恋愛としての好意だけでなく、尊敬や信頼といったものもお付き合いには必要な要素です。

男性として、そして一人の人としてしっかりとした内面を築くことが大切というわけです。

元カノに執着しすぎない

復縁を目標に自分磨きをする、というのはもちろんですが、元カノに執着しすぎないというのもポイントです。

別れてすぐから明らかに好意を示されても、元カノはうんざりしてしまうだけ。

自分に好意を向けられて悪い気はしない、とはいえ元彼だと少しその感覚も違うものです。

冷却期間のうちは、自分磨きをしつつアプローチは出来るだけ控えましょう。

自分がするのは、あくまでも自分磨き。自分の魅力を底上げすることです。

元カノに振り向いてもらう、復縁するというのは、自分磨きをきっかけとしてついてくる結果なわけですね。

仕事に打ち込む

仕事に真剣に取り組む姿、自分の目標に向かって努力する姿、など仕事に関して真っ直ぐな男性は元カノにとっても魅力的に映るはずです。

仕事が出来ない、よりは出来るに越したこともありません。

前述の通り、交際の決め手は恋愛としての「好き」に限ったことではありません。

一人の人として尊敬できたり、信頼できると感じられることが復縁のきっかけになることも。

内面磨きといっても、優しくする、親切にする、といった対元カノの部分だけでなく、自分の根っこの部分から改めて立て直すのも一つの手です。

何か夢中になれる趣味や物事を見つける

冷却期間として一度元カノから離れる、という点でも、新しい趣味や夢中になれることを見つけるのも一つの方法です。

元カノについて考えている時間や、休みの日のちょっとした時間にできる何かを探してみましょう。

これも仕事に打ち込むことと同じように、一人の自分としての魅力をアップさせるきっかけになるかもしれません。

視野を広げる

元カノに想いがありすぎるあまりに、復縁のことでいっぱいいっぱいになってしまっている…ということはないでしょうか。

モチベーションとしては十分ですが、復縁のことで頭がいっぱいになりすぎると視野も狭くなり、気持ちの余裕もなくなってしまいます。

そうならないためにも、仕事に打ち込んだり、新しい趣味を見つけたり、そういったことが視野を広げてくれるんですね。

一度復縁については頭の隅に置いておくことで、恋愛だけでなく普段の生活でも色んな選択肢が見えてくるでしょう。

元カノとしても、復縁に固執して自分磨きをしている男性より、毎日を楽しんで自然に自分磨きをしているという男性の方が魅力的に見えるはず。

復縁をするために身分磨きという形で努力をするのは、もちろん素敵なことです。

しかしすぐに復縁をしようとするのではなく、長い目で見て自分の魅力をアップさせることが復縁への近道になるかもしれません。

元カノの方から追いかけてしまいたくなるような男性になるためにも、外見・内面ともにひと段階上を目指していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる