【元カノからの未練のサイン】復縁のチャンスを逃さないために注意すべき9つのポイント

こんにちは、希崎ライアンです。

あなたは、復縁したい元カノから未練のあるような連絡が来たらうれしいですよね?

すぐにでも復縁をしたいところですが、実は未練のサインだと思ってすぐに復縁を求めてもうまくいかないこともあるんです。

まずは元カノからの未練のサインとはどういうものなのか、どのような理由で連絡をしてきているのかを冷静に考えてみることが大切です。

いくら復縁がしたくても、焦りは禁物。

元カノとの温度差が生まれないように、きちんと相手の気持ちを見極めることが肝になるでしょう。

チャンスである未練のサインを見逃さないように、復縁への道を進めていきましょう。

目次

計9パターン!元カノからの未練サイン

まずは、元カノからの未練のサインとはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

復縁の前には、お互いに探り合うもの。元カノからの未練のサインも、そのうちの一つです。

このときの元カノの言葉や反応をしっかり見逃さず、復縁のタイミングを計っていくことで復縁の成功率も上がります。

元カノの方から連絡がくる

まずは、元カノの方から連絡がくる、というもの。

未練サインというには少しライトなものですが、これも元カノからのサインの一つです。

そもそも、元々付き合っていた恋人に対して連絡をするというのはある程度ハードルが高いものです。

もちろんそれぞれの別れ方などにもよりますが、友達関係に戻っていたにせよ暫く連絡を取っていなかったにせよ、連絡をするということは好意がないということはないでしょう。

全く興味がない、もしくは嫌な思い出になっているのであれば連絡はしないはず。

元カノの方から連絡が来るというだけでも、少なくともチャンスのきっかけがあると考えてよいのではないでしょうか。

SNSをチェックしている

SNSに元カノからの足跡がある、自分が投稿した内容を元カノが知っている、ということは、元カノは自分のSNSをチェックしているということ。

別れてからもSNSをチェックするということは、何かしら元カノにも気になるところがあるのでしょう。

今は何をしているのか、彼女はいるのか、どんなことが好きなのか…ということが気になってSNSをチェックするという人も少なくありません。

好きとまではいかなくても、
「付き合っていたころのことが忘れられない」
「どうしても思い出してしまう」
「いまのあなたのことが気になる」と思っているのかもしれませんね。

思い出話が多くなる

付き合っていたころに未練があると、元カノとしてはそのころの思い出話をしたくなるもの。

思い出話をする心情としては、

・覚えてくれているかどうかを確かめたい
・楽しかった思い出をまた共有したい
・そのころの気持ちを思い出してほしい

ということなどが考えられます。

そのため、元カノから付き合っていたころの思い出話を積極的にされるのであれば、未練のサインと受け取ることができますね。

思い出は美化されるもの、とはいいますが、いやな別れ方をしたり未練がなかったりという場合にはわざわざ元カレ本人に思い出話をすることもないでしょう。

友達同士で思い出話をあれこれするのではなく、「本人に付き合っていたころの思い出話をする」というのはアプローチの一つというわけですね。

食事に誘われる・OKをもらえる

元カノから食事に誘われる、もしくは食事に誘ってOKをもらえるようであれば復縁できる可能性も大きいでしょう。

何度も誘ってやっとOKをもらえる、OKをもらえたはいいけれど元カノの方から他の友人も一緒に複数人でと打診されるのではなく、快くOKをもらえるというのがポイントですね。

連絡をしていて食事に誘ったあとでも反応がそのままであれば問題ありませんが、食事に誘ったりした途端に迷うそぶりを見せたり連絡が遅くなったりということであれば、まだ元カノの方では迷うところがあるのかも。

たとえば、別れてから一度も会っていないのに急に夜の食事や飲みに誘われても、体の関係を求められているのか不安にさせてしまうこともあります。

久しぶりに会うのであれば、お互いに少し空いた時間だったり昼間のランチだったり、明るい時間や短い時間で気軽なお誘いから始めてみるのがおすすめです。

恋愛事情を聞かれる

自分と別れた後に恋人はできたのか、好きな人はできたのか、いまは気になる人がいるのか…など。もしも未練があるなら、相手の最近の恋愛事情は気になるものですよね。

元カノとしても、復縁したいと思っているのならまずはあなたの恋愛事情を確認したいと思うはず。

恋人がいないことがわかれば、復縁をしたいと思っているのかもしれませんね。

世間話ならともかく、わざわざ好意のない元恋人に連絡をして恋愛事情は聞かないという人は多いのではないでしょうか。

元カノから恋愛事情を聞かれたら、未練のサインの可能性は高いでしょう。

相談事をされる

元カノからの連絡や直接会ったときなど、相談事をしてくるようであればもしかしたら未練があるのかもしれません。

万が一未練とまではいかなくとも、頼りにしてくれているのは明確ですよね。

「仕事でこういうことがあって…」「友達とちょっと…」という仕事や友人関係に関する相談もですが、とくに恋愛に関する相談の場合は未練のサインの可能性が大きいでしょう。

「同僚に告白されて…」「こういうアプローチをされていて…」という恋愛事の相談は、単純に頼りにしているというだけでなくあなたの反応を伺っているともいえます。

あなたに相談する中で、恋愛に関してどういう考えを持っているのか、ということを聞きながら、男性に言い寄られていることについても嫉妬してほしい、と思っているのかもしれませんね。

昔の思い出の品やプレゼントを大事にしている

付き合っていた当時にプレゼントしたものや、当時の写真、思い出の品などを大切にとっておいているようであれば、元カノの方にも未練があるサインといえるでしょう。

中には元恋人からのプレゼントでも気にせず使う、という人もいますが、その数は少数。

女性は比較的、「誰からもらったのか」「どのようにもらったのか」ということを重視する傾向があります。

そのため、別れた後でもプレゼントを大事に使っていたりとっておいたりしているようであれば、復縁の可能性は高いかもしれませんね。

友人を介して近況を知りたがる

最近の恋愛事情を直接聞いてくる、というのも未練のサインでしたが、友人を介して知りたがっている場合にも未練のサインといえるかもしれません。

別れてから時間が経っていたり、しばらく連絡を取っていなかったり、という場合だと、なかなか直接連絡を取るのは難しいもの。突然連絡して近況を聞くのも憚られてしまいますよね。

そのため、友人を介してあなたの今の近況を知りたがっていると考えられるでしょう。

どこかであなたのことを気になってはいるけれど、直接連絡するのは…という気持ちの表れだとも受け取れますね。

恋人の不満を話してくる

もしも元カノに現在恋人がいて、その恋人に対する不満や相談をしてくるようであれば、元カノはあなたとの復縁を考えている可能性も。

今の恋人とはうまくいっておらず、あなたに相談をしながら復縁を視野に入れていたりするのかもしれませんね。

というのも、正直なところ恋人との恋愛相談をできる友人はいくらでもいるはず。

そこでわざわざ元カレであるあなたを相談相手に選ぶというのには、何か思うところがあると考えられるでしょう。

「別れたほうがいいよ」などというアドバイスが欲しい、あわよくば嫉妬してほしい、という背景があるとも思えますね。

復縁を持ち掛ける前に

元カノから未練のサインがあると、うれしくてついつい復縁を焦ってしまうもの。

しかし、元カノから未練のサインがあったとしても、いまはまだ復縁のタイミングではないかもしれません。

まずは元カノに復縁を持ち掛ける前の確認項目をチェックしていきましょう。

未練がある=復縁できる、とは限らない

まず一つ、前提として覚えておきたいのは「未練がある=復縁できる」というわけではないこと。

元カノから未練のあるようなサインがあるかもしれませんが、だからといって復縁できるとは限りません。

よくあるのは、一度付き合って別れてしまったが故の不安。

・好きな気持ちはあるけれど、上手く付き合っていける自信がない
・同じことの繰り返しになるのが怖い
・またつらい思いはしたくない

という気持ちがある可能性は高いでしょう。

付き合っていた頃から今までの不安や不満を直す

先ほどの通り、「復縁」したい気持ちより「不安」の方が勝ってしまう、というケースも少なくありません。

そのため、元カノに未練があったとしても復縁するためには、まずはその不安を取り除くことが第一です。

・別れた原因で自分に負い目があった部分
・付き合っている当時の関係で自分が悪かった部分
・自分の短所や欠点
・長所で伸ばせるところ

とにかく、別れた原因や付き合っていてうまくいかなかった部分だけでも必ず直しておきたいところ。

加えて、別れたときよりも男性としてはもちろん人としても成長できている部分があるとよいでしょう。

「またうまくいかないかもしれない」という気持ちではなく、「今度は大丈夫かもしれない」という気持ちを持ってもらえることが大切です。

元カノと復縁したいならより誠実に

元カノにも未練があるとはいえ、余裕な気持ちで自分磨きや不安の解消をせずにいると、元カノの気持ちも離れてしまうかもしれません。

とくに元々付き合っていて一度別れているとなると、復縁には慎重になるもの。

誠実さがなく、自分の未練や復縁したいという気持ちを都合よく利用されている、となれば元カノもそのような扱いにはすぐに気づきます。

もちろん焦りは禁物ですが、不安の解消や自分磨きをすることは早いに越したことはありません。

復縁を順調に進めていくためにも、今できることは着実にしていくことが大切です。

まとめ:元カノの未練のサインを汲み取ったアプローチが大事

当たり前ではありますが、お付き合いは二人でするもの。

一人で復縁に向けて張り切りすぎても、元カノの気持ちが追い付いていないと空回りになってしまいます。

未練がありそうでも焦らない

とにかく、復縁に焦りは禁物。

一度別れているからこそ、もう一度付き合うとなると慎重になってしまうものです。

元カノがまだ不安な状態で復縁を迫っても、断られてしまう可能性もあるでしょう。

距離を一気に詰めすぎても、「都合のいい女だと思われているのかも?」とより不安にさせてしまうことも。

焦らずゆっくり距離を縮めながら、元カノの不安の原因をなくしてあげることが大切です。

自分磨きは欠かさずに

元カノの不安を取り除いてあげることはもちろん、アプローチをするには自分磨きも必須でしょう。

先述の通り、復縁には「またうまくいかないかもしれない」という気持ちではなく「今度は大丈夫かもしれない」と思えるようになることが大切です。

まずは付き合っていたころにうまくいかなかった原因などの内面から見直していくのがよいでしょう。

そして余裕があれば、見た目の自分磨きもしておいて損はありません。

男性の自分磨きとして手っ取り早いのは、
・髪の毛
・眉毛
・歯
・肌

の4つ。

メンズメイクは近年一般的にはなってきたものの、ハードルが高いと感じる方も少なくありません。

他の男性と差をつけるなら、まずはこの4つを変えるだけでも十分に印象が変わりますよ。

食事や昼間のデートから

真剣に復縁を目指したいなら、最初のお誘いは昼間のデートが無難。

ただでさえ一度別れてやり直すというのは不安になりやすい状況の中で、はじめからお酒の場に誘ってしまうと元カノとしてもより不安になってしまいます。

「もしかしたら都合のいい女なのかも」「身体の関係目当てなのかも」と思われてしまうのは避けたいところですよね。

未練のサインがあったとしても、まだ復縁に至るまでの気持ちの準備ができているかは別問題。

少しずつ彼女との距離を縮めて、確実に復縁ができるように進んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる